リソース

オスモラリティラボは、あなたと協力してサポートすることを楽しみにしています! 抄録、記事、オスモル濃度の基礎については、リソースページをご覧ください。 コアテストサービスに関する重要な用語を簡単に参照できる便利な用語集も含まれています。

オスモル濃度の基礎

オスモル濃度:

溶媒のキログラムあたりの溶質粒子(オスモル)の総数で表される溶液の濃度。溶質が純粋な溶媒に添加される場合、得られる溶液は、凝固点、沸点、蒸気圧および浸透圧を含むいくつもの点で純粋な溶媒と異なります。

これらの特性の変化は、添加される溶質の重量、サイズまたは形状に比例せず、溶質の濃度を決定するオスモル濃度の重要性をもたらします。

オスモル濃度の方程式

オスモル濃度は、純粋な溶媒のキログラムあたりの溶質粒子のオスモル数です。 大部分のイオン種は完全に解離しないので、オスモル濃度は解離効果を考慮した濃度の単位です。 オスモル濃度は、通常、mOsm / kg H2Oで表されます。 1ミリオスモル(mOsm)は10-3オスモルです。 オスモル濃度の方程式

オスモル濃度 = ΦnC = オスモル / kg H20

ここで、
Φ=分子解離の程度を表す、浸透係数
n= 粒子が解離することができる粒子の数
C =溶液のモル濃度

用語集

 

臭素酸塩テスト

 

 

塩素酸塩テスト

 

 

伝導率テスト

 

 

遊離塩素テスト

 

 

全塩素テスト

 

 

ミクロテスト

 

 

官能検査

 

 

オスモル濃度(蒸気圧)

 

 

オスモル濃度(凝固点)

 

 

pHテスト

 

 

塩分濃度テスト

 

 

TDSテスト

 

 

粘度テスト

 

ニュース

•      “FDA warns manufacturers of products labeled as homeopathic for putting consumers at risk with significant violations of manufacturing quality standards…”  https://www.fda.gov/news-events/press-announcements/fda-warns-manufacturers-products-labeled-homeopathic-putting-consumers-risk-significant-violations

•      “Statement from FDA: transformative new steps to modernize FDA’s 510(k) program…”   https://www.fda.gov/NewsEvents/Newsroom/PressAnnouncements/ucm626572.htm

文献と抄録

•     「The Effects of Sports Drink Osmolality on Fluid Intake and Immunoendocrine Responses to Cycling in Hot Conditions」
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23883691

•     「頻繁に消費される飲料のオスモル濃度」
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15602899

•    「健康に関連した主張の実証に関する科学的意見」
https://efsa.onlinelibrary.wiley.com/doi/epdf/10.2903/j.efsa.2011.2211?fbclid=IwAR2CmysAhYZ3xzwaRybUHxj6Qjyw4K9oOA3_w91phkJjmn0-aeTdmnK6keI

•      「個人用潤滑剤の粘膜刺激性は、製品のオスモル濃度に関係しています…」
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18356773

•      「男性と女性のコンドームのための追加の潤滑剤の使用と調達:WHO / UNFPA / FHI360」
https://apps.who.int/iris/bitstream/handle/10665/76581/WHO_RHR_12.34_eng.pdf;jsessionid=2037C017D6AD5ADE175A3E2FEE01A515?sequence=1

•     「感染症に関連したスプレー、ワイプ、クリームのような膣衛生製品:調査」
https://www.cbc.ca/news/healthy/vaginal-hygiene-1.4621836

•     「市販の潤滑剤のオスモル濃度とpHの特性」
https://www.womensvoices.org/osmolality-ph-properties-commercial-lubricants/

•     「個人用潤滑剤に関するグローバルコンサルテーション」
https://cdn.shopify.com/s/files/1/2673/6210/files/Meeting_Report_Global_Consultation_on_Personal_Lubricants.pdf

Q

 

臭素酸塩

臭素酸塩は、BrO3_ の構造の陰イオンであり、多くの場合、ナトリウム塩またはリン酸塩の形態で存在します。 臭素酸塩は、水の洗浄および消毒の過程で生成されます。 臭素酸塩は発癌の疑いのある物質であり、地方自治体、井戸水、およびボトル入り飲料水中の臭素酸塩の濃度は、環境保護局(EPA)およびその他の世界中の規制機関によって規制されています。 精製水の化学的性質のため、臭素酸塩含有量は水性製品の寿命にわたって増加する可能性があり、オスモラリティラボでは、これらの製品の貯蔵寿命またはタンク寿命を超えて臭素酸塩をモニタリングすることを推奨しています。

Q

 

塩素酸塩

遊離塩素は、次亜塩素酸(HOCl)および次亜塩素酸(OCl-)イオン、すなわち漂白剤の両方を指し、一般に消毒のために水道システムに添加されます。 アンモニアまたは有機窒素もまた存在する場合、モノクロラミン、ジクロラミンおよびトリクロラミンとして知られるクロラミンが即座に形成されます。 クロラミンは、また結合塩素としても知られています。 飲料水中の遊離塩素(残留塩素、遊離塩素残留物、遊離残留塩素としても知られている)の存在は、1)下痢性疾患を引き起こす細菌およびウイルスを不活性化するのに十分な量の塩素を最初に水に添加したことと、 2)貯蔵中に水が再汚染から保護されることを意味します。 飲料水中の遊離塩素の存在は、病気を引き起こす生物のほとんどが存在しないことと相互関係にあり、したがって水の飲料水準の尺度です。

Q

 

伝導率

臭素酸塩は、BrO3_ の構造の陰イオンであり、多くの場合、ナトリウム塩またはリン酸塩の形態で存在します。 臭素酸塩は、水の洗浄および消毒の過程で生成されます。 臭素酸塩は発癌の疑いのある物質であり、地方自治体、井戸水、およびボトル入り飲料水中の臭素酸塩の濃度は、環境保護局(EPA)およびその他の世界中の規制機関によって規制されています。 精製水の化学的性質のため、臭素酸塩含有量は水性製品の寿命にわたって増加する可能性があり、オスモラリティラボでは、これらの製品の貯蔵寿命またはタンク寿命を超えて臭素酸塩をモニタリングすることを推奨しています。

Q

 

遊離塩素テスト

遊離塩素は、次亜塩素酸(HOCl)および次亜塩素酸(OCl-)イオン、すなわち漂白剤の両方を指し、一般に消毒のために水道システムに添加されます。 アンモニアまたは有機窒素もまた存在する場合、モノクロラミン、ジクロラミンおよびトリクロラミンとして知られるクロラミンが即座に形成されます。 クロラミンは、また結合塩素としても知られています。 飲料水中の遊離塩素(残留塩素、遊離塩素残留物、遊離残留塩素としても知られている)の存在は、1)下痢性疾患を引き起こす細菌およびウイルスを不活性化するのに十分な量の塩素を最初に水に添加したことと、 2)貯蔵中に水が再汚染から保護されることを意味します。 飲料水中の遊離塩素の存在は、病気を引き起こす生物のほとんどが存在しないことと相互関係にあり、したがって水の飲料水準の尺度です。

Q

 

全塩素テスト

遊離塩素は、次亜塩素酸(HOCl)および次亜塩素酸(OCl-)イオン、すなわち漂白剤の両方を指し、一般に消毒のために水道システムに添加されます。 アンモニアまたは有機窒素もまた存在する場合、モノクロラミン、ジクロラミンおよびトリクロラミンとして知られるクロラミンが即座に形成されます。 クロラミンは、また結合塩素としても知られています。 飲料水中の遊離塩素(残留塩素、遊離塩素残留物、遊離残留塩素としても知られている)の存在は、1)下痢性疾患を引き起こす細菌およびウイルスを不活性化するのに十分な量の塩素を最初に水に添加したことと、 2)貯蔵中に水が再汚染から保護されることを意味します。 飲料水中の遊離塩素の存在は、病気を引き起こす生物のほとんどが存在しないことと相互関係にあり、したがって水の飲料水準の尺度です。

Q

 

ミクロテスト

微生物テストサービスは、特定の病原体、細菌、酵母およびカビなどの微生物の存在および繁殖によって、製品、プロセスおよびヒトの健康状態が悪影響を受ける危険があるため世界中の多くの産業において重要な必要条件です。

Q

 

官能検査

微生物テストサービスは、特定の病原体、細菌、酵母およびカビなどの微生物の存在および繁殖によって、製品、プロセスおよびヒトの健康状態が悪影響を受ける危険がある世界中の多くの産業において重要な必要条件です。

Q

 

蒸気圧によるオスモル濃度

Vapor pressure measurement is a reliable method of determining osmolality. Vapor pressure osmometry is superior for many fluids in biology and medicine in which water is the solvent. The vapor pressure method determines osmolality at room temperature with the sample in natural equilibrium. This precludes cryoscopic artifacts due to high viscosity, suspended particles, or other conditions that can interfere with freezing point determinations, giving vapor pressure osmolality tests a broad range of error-free applications. Osmolality is a stability indicating analysis and is recommended to be included in stability testing protocols for applicable products by The Osmolality Lab.

Q

 

Osmolality by Freezing Point

凝固点浸透圧測定法は、凝固点降下を利用して溶液の浸透力を測定します。 凝固点テストによるオスモル濃度は、溶液中の粒子の総数を測定するために他の方法では現在利用できない、広範囲のアプリケーションで使用される重要な診断メソッドです。 凝固点浸透圧計は、化学、製薬および品質管理ラボで業界が推奨するソリューションです。 オスモル濃度は安定性を示す分析であり、オスモラリティラボの該当する製品の安定性テストプロトコールに含まれることが推奨されています。

Q

 

pHテスト

酸性度とアルカリ度は、pHと呼ばれる対数スケールで測定されます。 pHのスケールは0から14の範囲です。 pHが7の場合は中性であると考えられます。 7未満のpHは酸性です。 7より大きいpHは、塩基性(またはアルカリ性)です。 pHは、安全性と安定性に加えて、製品の品質と再現性を監視するために使用されます。

Q

 

塩分濃度テスト

塩分濃度は水に溶けているすべての塩の尺度です。 塩分濃度は通常、千分率(ppt)で測定されます。 平均海洋塩分濃度は35pptで、平均河川塩分濃度は0.5ppt以下です。 これは、1キログラム(1000グラム)の海水には35グラムの塩が含まれていることを意味します。

Q

 

TDSテスト

総溶解固形分(TDS)は、水に溶解した任意の鉱物、塩、金属、陽イオンまたは陰イオンを指します。 総溶解固形分(TDS)は無機塩(主にカルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、重炭酸塩、塩化物、硫酸塩)と水に溶解した少量の有機物で構成されています。

Q

 

粘度テスト

粘度は、液体、ジェル、クリームおよびローションなどの流体の流量測定が行われるときの主なパラメータです。 材料の粘性データを収集することにより、製造業者は材料が実際にどのように反応するかを予測することができます。 例えば、保湿クリームが正しい粘度を有していない場合、チューブから搾り出すのが非常に難しいか、またはあまりにも多くのクリームを一度に出してしまうことになります。 材料の粘度を知ることは、生産と輸送プロセスの設計方法にも影響します。 粘度測定は、多くの場合、製品性能に影響を与えるいくつかの最も重要な要因を分析する、最も正確で信頼性の高い方法です。 溶液、ジェルまたはローションの粘度は化学成分によりますので、粘度は安定性を示す分析であり、安定性モニタリングに含めることが強く推奨されます。